niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

スピリチュアルにハマる人、ハマらない人


スピリチュアルにハマる人、ハマらない人 (幻冬舎新書)スピリチュアルにハマる人、ハマらない人 (幻冬舎新書)
(2006/11)
香山 リカ

商品詳細を見る

 昨今、占い全般、風水、パワースポット、パワーストーン等々、スピリチュアリズムに関する本が、ほぼ毎日刊行されている。
 元々文化的にそういうモノを受け入れ易いのだろうが、それでもなぜこうも書籍やイベントが氾濫しているのか。
 既存宗教や新興宗教や自己啓発セミナーとはどう違うのか。
 ちょっと調べてみると、そこから見えてきたのは過去の流行や健康食品や美容法等との共通点、そして「幸」に対する捉え方……?

 精神科医がスピリチュアリズムが好意的に受け入れられる背景を考察した、現代社会論。


 書籍でも言及されているが、昨今流通しているスピリチュアリズムに関する本の多くは、「持つだけ・行くだけ・やるだけ・続けるだけで幸せになれる・幸せを呼び込む」、要は『軽く、早く、マジカルに利益を得る方法』を謳っている。つまり、そういうものにのめり込むほど「幸」に飢えている人が多いということだ。
 そしてそれはスピリチュアリズムに限らない。健康食品やダイエットやアンチエイジング。それらにのめり込む人もまた同様なのだ。
 そして「幸」に飢えている人は、本物の能力者に対しても、自分の「幸」に反する答えは無条件に拒絶する。能力者の社会的発言を無視したり、能力者が提出した自分の意に反する回答に反発したり。そういうことに関する本を読んでいると、依頼者のそうした態度・エピソードに嘆く能力者が時々描かれている。

(例)

幸せなスピリーマン幸せなスピリーマン

(2011/05/19)
原作:はづき虹映、作画:鈴木ぐり 他

商品詳細を見る

アナタもワタシも知らない世界 オカルト万華鏡 (ほん怖コミックス)アナタもワタシも知らない世界 オカルト万華鏡 (ほん怖コミックス)
(2012/03/07)
流水りんこ

商品詳細を見る


 これからも幸せになれるスピリチュアルな方法が書かれた本が出たり、特集が組まれたりするだろう。そうしたことに夢中になるのは悪いことではない。
 しかし、時々はスピリチュアリズムについて考えてみたり疑ってみたり、また、「幸」について考え抜いてみてはいかがだろうか。その時は、この本が参考になるだろう。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/981-2e2bd352
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad