niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

マウス・オブ・マッドネス


マウス・オブ・マッドネス<dts版> [DVD]マウス・オブ・マッドネス [DVD]
(2001/05/21)
サム・ニール、ジュリー・カーメン 他

商品詳細を見る

 とある精神病院に、一人の患者が運ばれてくる。彼が医者に語った、恐怖と狂気に満ちた物語とは――。

 ジョン・カーペンターが送る、戦慄のルナティック・ホラー。


 正直に言うと、怖くはない。怖くはないのだが、とにかく不気味で気持ち悪い。原作はないようだが、クトゥルフ神話に通じるものがある。

 今読んでいる本が、観ている映画が、聴いている音楽が、自分に何の影響も与えないモノと、本当に言えるのか。
 そして作り手が作り手自身の、または何者かの【悪意】によってソレを製作している筈がないと、本当に言えるのか。

 そう考えると、少し怖い。
スポンサーサイト

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/967-1afdcd64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad