niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

コズミック -世紀末探偵神話-


コズミック (講談社ノベルス)コズミック (講談社ノベルス)
(1996/09/02)
清涼院 流水

商品詳細を見る

 1994年1月1日。マスコミ各社、警察庁、日本探偵倶楽部に、ある『犯罪予告状』が送られた。

今年、1200個の密室で、
1200人が殺される。
誰にも止めることは
できない。

密室卿



 果たして予告状通りに、日本各地で連続して「密室」殺人事件が起き始めた。

 犯人は。そして、事件を解決に導く者は誰なのか。

 その結末に驚愕必至の超問題作。


 読み終えた直後に抱いた感想は、「奇をてらうにしても程があるだろ」だった。しかも、これがデビュー作である。

 日本各地で連続して起こる「密室」殺人事件という犯罪設定も奇抜なら、探偵役を務める側として、いずれも奇抜かつ人並み外れた推理法を持つ、総勢350人もの探偵を束ねる『日本探偵倶楽部』という組織が登場するのも奇抜だ。(登場する探偵はその中のごく一部だが)

 「警察関係者」「探偵」「読者を惹きつける謎(殺人事件)」と基本的な要素は満たしてはいるが、これは果たして「推理小説」と呼べるのか。私は「推理小説」の【枠外】だと思う。

 理屈を抜きにして、とにかく「凄い物語を読みたい」という人に、この物語はオススメだ。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/943-d5c22c24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad