風月文語の適当徒然

風月文語(ふうげつ ぶんご)です。適当に徒然なことを記事にします。

ホームレスの男、ガイ・リッチー監督「シャーロック・ホームズ」に抜擢!

問い・「明日はどのような日になるでしょうか?」
答え・「20-Judgement(審判)」逆(挫折、沈滞、悲観的、再起不能、悲しい別れ)

問い・「降りかかる災難から身を守るためには、何が必要でしょうか?」
答え・「16-The Tower(塔)」正(困難、苦境、破滅、事故、争い、爆発、暴走)

どうやら明日は厳しい日になりそう。普段より余計に警戒が必要のようです。

ホームレスの男、ガイ・リッチー監督「シャーロック・ホームズ」に抜擢!

ホームレスの男性が、映画のキャスティング・エージェントと偶々出会ったことから映画に参加することになったという、何とも羨ましいニュース。出会った場所が映画館というのも何かしら「運命」というものを感じさせる。

日本でもこのような出会いのニュースがあれば、暗い景気観もいくらかは明るくなるかもしれない?
スポンサーサイト

テーマ:映画 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/94-37476728
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad