niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

表現規制問題2題

日本禁煙学会、映画「風立ちぬ」のタバコ描写に苦言

「はだしのゲン」過激描写理由に「閉架」に 松江




(注:的外れ且つ偏った意見かもしれませんが、ご容赦の程。)

 当時の状況を写実的に表現するのであれば、残虐な行為や(現在では誤っていると判断されている)当時の行為を忠実に描写するのは、「当時の事実・現実を目の当たりにさせて知らせる」ということであって、決して問題ではないと思う。わざわざ規制を求めるのは野暮で無粋なことだ。

 私は「表現規制」は《臭い物に蓋》の理屈で、「手っ取り早く簡単な」解決法ではあるのだろうが根本的な解決にはなってはおらず、規制を求める当人達はそう思っていないだろうが、「表現規制」を突き詰めていけば、【ディストピア】的な未来像に繋がるだろう、と思う。
 何より、悲惨な歴史・現実や人間の暗黒面を「隠す」だけで「ない」ことにできるはずがない。優先順位・方向性が間違っているとは考えないのだろうか。

 その内今度は、手塚治虫の『火の鳥』や『鉄腕アトム』の喫煙や強姦、殺人等の一部表現を規制しろ、と声が上がるかもしれない。

 ないとは絶対言い切れない。

 ドラえもんの動力源が「原子炉」だということも、なかったことにされたのだから。
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/932-948c6b14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad