niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

事故物件より嫌な物件

 世の中には、俗に言う事故物件よりも嫌な物件がある。賃貸料は平均相場と同程度。過去に人死にや事件が起きたわけでもなく、他の住人も良い人ばかり。なのに、人が長く居つかない部屋。

 それらの多くは、その地点が「神様」や「魔」や「霊」や「気」の通り道になっていることに気付かずに建物を建ててしまい、その内の一部屋、または複数の部屋に道が通ることになる。道が通っている部屋は、よっぽど鈍くなければ始終違和感を感じる部屋になっており、その違和感が住人の心身や運が悪くして、人が長く居つかない部屋になる、という。

 だが、中には物件自体が「良くない」こともあるらしい。

 
怪談徒然草 (角川ホラー文庫)怪談徒然草 (角川ホラー文庫)
(2006/03)
加門 七海

商品詳細を見る


 例えば、ここの終盤に語られている「三角屋敷」。知人が新しく引っ越して、そこでパーティをするから、と呼ばれて行った先が、二等辺三角形の型をした、三階建てのマンションだった。そこで「ヤバイ」ものを感じた著者が色々と調べてみると、とんでもないことを知ってしまうことに……。

 ちなみにここも、現在、その場所が特定されてしまっているらしく、大手検索サイトで調べてみると、そこと目されている地名が上位に表示される。ということは、googleを利用すれば外観と上空からの光景が見えてしまう、ということである。何も知らない人もいるのだから、大っぴらに指摘するのはいかがなものか、と思うのだが……。

 もう一つ。


特攻現代百物語 新耳袋殴り込みリターンズ特攻現代百物語 新耳袋殴り込みリターンズ
(2011/11/24)
ギンティ小林

商品詳細を見る


 東京都内某所にある、三階建てのマンション。 (今気付いたけど、ここも三階建てだよ……)
 そこは寸法や間取りがおかしく、体験者が入居した初日から怪現象が起き、更に地下には不可解な空間が広がっているという、謎に満ちた部屋だった。
 著者はそこで怪現象の撮影を試みようと、様々な挑戦をするのだが……。


 繰り返すが、世の中には、事故物件よりも嫌な物件がある。

 新しい物件を選ぶ際、下見に来た部屋の寸法や間取りがおかしかったり、説明にないものがあったり、室内で妙な違和感を感じたりすることがあったら……。



――そこに住むのは、やめた方がいいのかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ:怪談 - ジャンル:

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/926-77776444
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad