niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

アウトロー


アウトロー [DVD]アウトロー [DVD]
(2013/06/21)
トム・クルーズ、ロザムンド・パイク 他

商品詳細を見る

 ペンシルベニア州ピッツバーグで、遠距離からの狙撃による、無差別の連続殺人事件が発生。状況証拠からジェームズ・バーが容疑者として拘留される。刑事と判事は供述書にサインを求めるが、ジェームズは代わりにこう書いた。

「ジャック・リーチャーを呼べ」


 だがジャックは既に行動を開始していた。ニュースを観るとすぐにピッツバーグに移動、刑事と判事に面会を求めた。そこでジャックは、ジェームズの弁護士で判事の娘でもある、ヘレン・ロディンと出会う。

 ジェームズを友人ではないと言い張るジャックだが、実際に現場を検証していくと、些細だが違和感を感じるようになる。

 その晩、チンピラに因縁をつけられ、彼らを返り討ちにした経緯を経て、違和感を強め、更に事件には黒幕がいること、ジェームズは嵌められたこと、そして自分が監視されている事に気付いていく――。

 果たして事件の真相とは。ジャックは事件をどのように解決に導くのか。

 法よりも自身の「正義」を優先し、それに従って行動する【無法者 / アウトロー】の活躍を描いた、ハードボイルド・サスペンス。

 以下、少々ネタバレ含む感想。


 監督・脚本が『ユージュアル・サスペクツ [DVD]』を担当した人と同じ、ということで興味を覚えて視聴。

 はっきり言って、全編、派手なアクションも、爆発も、銃撃戦も、それどころか音楽もありません。
 ですが、それがなんともいぶし銀というか、玄人好みというか、「漢」と書いて「おとこ」と読むというか、とにかくプロ根性に溢れていて、観ていて「渋い!」と思ってしまいました。

 『ミッション:インポッシブル [DVD]』とはあまりにも対極的な作品ですが、『ヒート [DVD]』を観て感動した人なら、観て損はないと思います。


ユージュアル・サスペクツ [DVD]ユージュアル・サスペクツ [DVD]
(2006/09/08)
スティーヴン・ボールドウィン、ケヴィン・スペイシー 他

商品詳細を見る


ミッション:インポッシブル [DVD]ミッション:インポッシブル [DVD]
(2011/04/28)
トム・クルーズ、ジョン・ヴォイト 他

商品詳細を見る


ヒート<DTS EDITION> [DVD]ヒート [DVD]
(2003/12/17)
アル・パチーノ、ロバート・デ・ニーロ 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/924-bc7867ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad