niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

水撒き

「ん……」

 薄く雲が広がっている、ある夏の日の夕方。準備を終えて庭に水を撒き始めると、頭に何かが触れた。続いて右腕に。 右腕。 右腕。 左腕。

「夕立か」

 ぽつぽつと。

 水滴が身体に当たる。

 本降りになる前に蛇口を締め、ホースを片付け、家の中に戻ったのだが。

「あら」

 それから数分も経たない内に、雨はあがってしまった。

「んだよ。結局水撒きしなきゃならんのか……」

 渋々と、再び外に出てホースを用意していると。

「えー」

 また、ぽつぽつと水滴が落ちてきた。

 様子を見るためにしばらくそのままでいたが、降るでもなく、止むでもなく、どうにも半端な降り具合だ。

「んー……」

 しばらく悩んで、結局、水撒きを再開することにした。じゃばじゃばじゃば、と。地面に潤いを与えていく。降っている雨は変わらずぽつぽつと降るだけで、ホースで撒いてる分の一分程も地面を潤していない。

 やがて水撒きを終え、蛇口を締め、ホースを片付けて家の中に戻った途端。

 どざーーー……と。

 本格的に雨が降ってきた。

 思わず泣き声交じりで叫んだ。

「もっと早く降れよ!」

【※事実を基にしたフィクションです。(笑)(^-^)】
スポンサーサイト

テーマ:ショート・ストーリー - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/923-dd0dac50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad