niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

気療講座


気療講座 自他治療力を身につけよう気療講座 自他治療力を身につけよう
(2013/05/22)
神沢 瑞至

商品詳細を見る

 四十代に気の力を感じ始めてから気の研究と実践に専念し、専門の塾を開いた気功家が、自身が『気療』と呼ぶ気を利用した治療法を、基礎理論から実践法まで解説したガイドブック。


 まず、この本を購入した経緯を。




怪奇心霊語り光と闇のシャーマン編 (HONKOWAコミックス)怪奇心霊語り光と闇のシャーマン編 (HONKOWAコミックス)
(2013/03/07)
加門七海、JET 他

商品詳細を見る

↑を読む。



実物を見たくなって、特別エッセイにて、猫の写真を見る。




猫怪々猫怪々
(2011/11/25)
加門 七海

商品詳細を見る

今度は↑を読み返したくなって、読む。



文中で、「気療」と「神沢先生」という語を目にし(30頁)、興味を持つ。



関連情報を集めてみると、つい半月ほど前に新著を出していたことを知る。



ちょっと迷って購入をすることに決める。


 …………縁や必然、ではなく、ましてや偶然、でもないだろう。気功に興味を持つようになってから読み返したから、以前には気にならなかった言葉が意識に引っかかった。それだけのこと、だ。


 基礎理論に関しては門外漢なので何も評せられないが、実践法は本当に簡単な動作のみで構成されているので、実生活の合間合間に練習することができる。興味がある人は試みて損はないはずだ。

 ちなみに、気療を行う際の「手の型」など、要所要所で高藤聡一郎氏の『仙道』シリーズと重複する箇所があるので、補完する形でそちらも読んでみてはいかがだろうか。
スポンサーサイト

テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/914-b275236c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad