niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

「ゲテ食」大全


「ゲテ食」大全 (DATAHOUSE BOOK)「ゲテ食」大全 (DATAHOUSE BOOK)
(2005/11)
北寺尾 ゲンコツ堂

商品詳細を見る


 もし、いきなり「自給自足しろ」なんて言われても困ってしまいますよね。
 でも、災害や遭難に遭って、火種、調理器具、調味料はあっても食料はない。
 そんな状況に陥って、もし毒や寄生虫をもっていたり、食べられない生物を口にしてしまったら――。
 世の中何が起こるかわからない。非常時にいざとなったら食べられるものを、知っておいて損はないだろう。

 ――という高尚な理由ではなく、単純に身近にある生物を調理して食べてみただけの、一般的な(?)料理本である。
 食材は明らかに不味だったものを含め、野草、木の実に始まり、昆虫、魚類、両生類、爬虫類、鳥類、哺乳類まで全て身近にいる生物ばかり38種。本書を読めば、その日からきっと世界観は変わるだろう。

――世界は、食材で満ち溢れている、と。
スポンサーサイト

テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/904-24f765c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad