niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

ランド・オブ・ザ・デッド


ランド・オブ・ザ・デッド ディレクターズ・カット [DVD]ランド・オブ・ザ・デッド ディレクターズ・カット [DVD]
(2005/12/23)
サイモン・ベイカー、ジョン・レグイザモ 他

商品詳細を見る


 死者が動き回り、生者を喰らうようになって数年後――。

 アメリカ某地に、生存者が集ってコミュニティが築かれていた。しかし、そこは理想郷というわけではなく、支配者層と被支配者層に分かれており、被支配者層は理不尽な暮らしを強いられていた。

 死者が蠢く中で使える物資を確保し、支配者層に上納してきたグループの一人、チョロは支配者層での暮らしに憧れて権力者のカウフマンに媚びてきたが、理不尽な対応に腹を立て、賛同者と共に街を人質に取って身代金を要求。まとめ役のライリーはカウフマンの要請で、仲間とカウフマンの部下と共にチョロの計画妨害に向かうが、裏で新天地への旅立ちを図る。

 一方、無目的に活動していた死者たちは、再び自我を持ち始めた一体に率いられて、街を目指していた――。


 この作品。再び自我を持ち、目的を持って行動する死者たちに対する評判があまり良くないですが、私はそんなに悪い印象を持ちませんでした。
 遊び半分に殺され、射撃の的にされ、見世物にされ、虐げられる同類を見て「怒り」という感情を露わにし、生者が集まる街に向かう、死者を率いる死者。

 ただ「活動している」だけだった無個性な死人が個性を露わにし、意思を持って活動する。それだけなのに、決して共存できない敵である筈の死人を応援したくなる私って、

変?
スポンサーサイト

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/903-d3a634f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad