niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

どすこい。


どすこい。 (集英社文庫)どすこい。 (集英社文庫)
(2004/11/19)
京極 夏彦

商品詳細を見る



 地響きがする――と思って戴きたい。

 大笑いか!? 激怒か!?
 著者初の 【くだらない】 短編連作集!


 内容がとにかくくだらない。徹頭徹尾くだらない。読めば読むほど、読み進めれば読み進めるほど、

 ――脱力する。

 読んで大笑いするか激怒するかは読者次第。
 あなたは精根尽きる前に、最後まで読み終えることができるか!

 余談だが。

 四六版、新書版、文庫版、と三種類出ているのだが、版が変わるごとに内容の一部が加筆され、更にそれをネタにメタなギャグを展開している。ただし、古本屋に寄ることがあっても、読み比べることはしなくていい。

 時間の無駄だから。
スポンサーサイト

テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/901-04f9ab93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad