niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

気功法の本


気功法の本 (NSMブックスエソテリカ宗教書シリーズ)気功法の本 (NSMブックスエソテリカ宗教書シリーズ)
(2005/08/03)
不明

商品詳細を見る

 『気功法の本』と銘打ってはいるが、その内容は ①気功法の基礎・基本②気功法の内「軟気功」(健康・養生・病気予防)の実践法、そこから③「内気功」(静功・動功・周天)の実践法に限って紹介・解説されているので、「硬気功」(武術)と「外気功」(気功放射、気を外部に放出する手段)について学びたい人は購入する必要はないだろう。

 だが、気功法において大事な基礎である「練功」(気を練る手段)や調身・調心・調息法について詳しく紹介されているので、まずは気を体感したい、自身の気を良くしたいと考えている人には良いガイドブックになるはず。

 また、巻末にあるブックガイドも、自身の気を発展させたい人には参考になると思う。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/876-5de52d11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad