niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

妖怪馬鹿


妖怪馬鹿―化け物を語り尽せり京の夜 (新潮OH!文庫)妖怪馬鹿―化け物を語り尽せり京の夜 (新潮OH!文庫)
(2001/02)
京極 夏彦、村上 健司 他

商品詳細を見る


完全復刻・妖怪馬鹿 (新潮文庫)完全復刻・妖怪馬鹿 (新潮文庫)
(2008/07/29)
京極 夏彦、村上 健司 他

商品詳細を見る


 妖怪馬鹿――日がな一日四六時中三六五日、妖怪のことばかり考えている人のこと。これは某月某日、某所にて行われた妖怪馬鹿三名+迷編集者による座談会の模様の記録である。

 ――とまあ堅苦しい出だしだが、全体の半分以上を馬鹿話に興じているので肩肘張らずに気を楽にして読める。京極夏彦書き下ろしのパロディ漫画も満載なので、妖怪に興味はなくとも京極夏彦が好きなら読んでみてはいかがだろうか。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/863-09244183
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad