FC2ブログ

風月文語の適当徒然

風月文語(ふうげつ ぶんご)です。適当に徒然なことを記事にします。

梵字

 某月某日。食後にコーヒーを飲みながら本を読んでいました。読んでいたのはこの本。↓


男たちの怪談百物語 (幽BOOKS)男たちの怪談百物語 (幽BOOKS)
(2012/10/05)
安曇潤平、怪談社 他

商品詳細を見る


 途中で、何とはなしにカバーを外してみたところ、災い除けか、梵字が刷られていました。

bonji


 さて、また永久保貴一氏の漫画の話になってしまうのですが、特定の印で酒の味を変えることができる話が、下の本に描かれていました。


永久保怪異談 (HMB N 3-3)永久保怪異談 (HMB N 3-3)
(2012/09/14)
永久保 貴一

商品詳細を見る


 そのことを思い出して、「じゃあ、梵字でも変化は起きるのかな?」という疑問が生じたので、試してみました。

 方法は単純に、刷られている梵字から出ている「モノ」を眼から受け取り、体、腕、手を通してコーヒーに注がれるようにイメェジしながら手を当てる。

 で、どうなったか。何も変わりませんでした…………というオチではなく、口当たり、のどごしが凄く滑らかになっていました。

 後で調べたところ、この梵字は不動明王の種字(仏尊を象徴する字)でした。

 成程、だから飲み心地が、前回寺社仏閣の気を入れたときと同じだったんだ。あの時試みに使ったお寺も、不動明王を祭ったお寺だったから……。

 私自身、未だに半信半疑なので、信じなくてもいいですよ?
スポンサーサイト

テーマ:突っ込みどころ満載です・・・ - ジャンル:

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/843-1dddb735
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad