niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

お守り

 某月某日。↓の本を読み、「正しいお守りの身につけ方」を実践してみようと思い立ったときの話。

「カルラ舞う!」式パワースポット巡礼 (Akita Essay Collection)「カルラ舞う!」式パワースポット巡礼 (Akita Essay Collection)
(2012/03/08)
永久保 貴一

商品詳細を見る

 ルールの一つに、「身につけていいお守りは一つだけ」というものがあったが、では「同じ神社で授けているお守りならばどうか」という疑問が生じ、一つの神社から授けてもらった「二つのお守り」を身につけてみることにした。


 三日目までは何の支障もなく生活できていたが、四日目。左足の脛に、かゆみを伴う傷が二ヶ所出てきた。虫にに食われた痕のようだったが、この時期、蚊はもう出ておらず、寝床にいる虫ならもっと傷があるはずである。加えて傷の周囲は赤黒い色をしていた。

 六日目。今度は大した理由も無く倦怠感やいらいら感、午後になって軽い腹痛の症状が現れる。ここ数日生物は摂っておらず、腹を冷やすようなことはしていないのにも関わらず、である。

 八日目になると、突如、過去の嫌な記憶が蘇った。ただ蘇るだけでなく、脳内で跳ね回るように激しくフラッシュバックを起こすのだ。

 今までなかったこれらの出来事の原因はお守りにあると考え、身につけるお守りを一つにした所、翌日、全ての症状が治まってしまった。
 頭の中も、心も、腹具合も落ち着き、足のかゆみもとれ、赤黒くなっていた傷は、通常の肌に近い色にまでひいていたのだ。

 時期が偶然重なっただけと思う人もいるかもしれないが、諸症状が起きたのは事実だし、お守りを一つに減らしてから心身の調子が良くなったことも事実であることは明記しておく。
スポンサーサイト

テーマ:恐るべし! - ジャンル:

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/824-e61def98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad