niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

癌・コーヒー・鉄

 8月29日付の米科学誌に、名古屋大学の教授の論文が掲載されました。その内容は、

「がんの要因は過剰鉄分か」


 要約すると、ラットを用いた実験で、鉄分を過剰に投与して癌を発症させた後、サンプルを抽出するなどして解析、ヒトのものと比較したところ、似た位置に欠損などの変化が見られたということです。

 ところで、コーヒーには以前から「飲みすぎると貧血になる」というマイナス面があります。というのも、コーヒーに含まれるカフェインやタンニンが、鉄イオンと結合して体内の鉄分の吸収を阻害してしまうからです。

 一方で、「癌予防の効果がある」とも謳われています。コーヒーに含まれるポリフェノールがその一役を担っている、と言われています。

 ここで三段活用。

過剰な鉄分が癌の要因の一つ?

コーヒーに含まれるカフェインやタンニンは、鉄分と吸着して鉄分が体内に取り込まれるのを妨げる。

ポリフェノールだけでなく、カフェインやタンニンにも癌予防効果がある?



 ここで注意したいのは、

①あくまで私の推論であって根拠が希薄であること。
②喫煙など、他の発癌要因については効果の程については不明であること。
③カフェインには利尿作用があるので、水分は通常より多めに摂ること。
④カフェインは興奮剤の一種なので、摂り過ぎないこと。
⑤カフェインと糖分とは相性が悪いということ。
⑥カフェインは胃を荒らす副作用があること。



 ま、嗜好品ですから飲み方は自由でしょうが、知らずに飲むよりは、知って自分に合った飲み方をした方が身体にいいんじゃないでしょうか、というお話でした♪


【参考サイト】
がんの要因は過剰鉄分か=ヒトと同様の染色体変化―名古屋大
胃癌、直腸癌、肝癌が減るんです! コーヒーで日本人のガン予防!
珈琲の効用(効能)と害について

【参考書籍】

デッドリーダイエットデッドリーダイエット
(2005/09)
薬理凶室

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/812-24938721
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad