FC2ブログ

適当徒然

適当に徒然なことを記事にします。

稲川淳二の超こわい話 青い部屋


稲川淳二の超こわい話 青い部屋  [DVD]稲川淳二の超こわい話 青い部屋  [DVD]
(2011/07/22)
稲川淳二

商品詳細を見る



【1.二階の死体】

 この話はねぇ……。話と話が微妙に噛み合わないと言いますか、ちぐはぐと言いますか、なんか歪な感じがするんですよねぇ。でも、これこそ「怪談」なのかもしれません。


【2.ヘアピース】

 日本の北方で土砂災害が起きて、被災者の救助に向かった消防署の方が経験した、怪異のお話です。こういう、災害や大事故や戦争といった、大勢が亡くなった事象が大元にある怪談というのは、どれも怖いというより、哀しいんですよね。聴いた後、手を合わせたくなるんですよ。


【3.44年ぶりの同窓会】

 稲川さんが44年ぶりに、通っていた高校の同窓会を催したときの、お話です。もしかしたらその人は、目には見えないだけで、ちゃんと出席していたのかもしれないですねぇ。あなたが同窓会に参加したときは、よろしければこの話、思い出してみてください……。


【4.深夜の訪問者】

 この話は、凄く怖いですねぇ。亡くなった方の苦しみが、思いっきり伝わってくるんですよ……。


【5.枕】

 この話はねぇ……。この結末には、きっと皆さん、驚かれますよ。ええ。


【6.最後の一枚~樹海~】

 カメラというのは、連続している世界の「一瞬」を切り取る機械なんです。だから写真というのは、切り取った世界の「一瞬」なんです。「一瞬」というのは、目には止まらないですからねぇ。何が写っても、おかしくはないですよねぇ。
スポンサーサイト



テーマ:怪談 - ジャンル:

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/794-92503c97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)