niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

稲川淳二の超こわい話 赤い部屋


稲川淳二の超こわい話 赤い部屋  [DVD]稲川淳二の超こわい話 赤い部屋  [DVD]
(2011/07/22)
稲川淳二

商品詳細を見る



【1.内田のおばあちゃん】

 稲川さんが子供のころ、お祖母さんから聞かせてもらった、怪談です。亡くなった友人が訪ねてきても、懐かしさから無警戒に扉を開けない方がいいですよ。訪ねてきたのではなく、連れに来たのかもしれませんから……。


【2.NPO】

 場所は、都心から真東に向かって、車で1時間半ほどの所にあるアパートです。具体的な住所や地名は言わないんですが、かなり詳細に周辺の状況を語っています。分かる人には分かってしまうでしょうが、決して探しに行かないほうが良いですよ。運が良ければ、いや、悪ければ、見つけてしまうでしょうから……。


【3.蚊帳の屋根】

 霊の中には、寂しがり屋な者も多いんですよ。そういう霊は、見られているとわかると、近寄ってくる。場合によっては、憑いて来る。ですから祓う術を知らない人は、そういうモノは、見えても見えていないフリをした方が良いですよ。憑いて来ますから……。


【4.ミニクーパー】

 この話はねぇ……。怖いことは怖いんですが、その結末には、亡くなられた方の、哀しみと救いを感じるんですよねぇ……。


【5.ロケバス】(既出2回目)

 場所は、東京と神奈川の県境にある、某人造湖付近です。深夜、闇の中、バスの中で一人待機。怖いですよねぇ。運転手を任されている時には、絶対に思い出したくない、お話です……。


【6.郵便物】

 これは、気付かない人は気付かない。気付く人は気付く。そんなお話なんですが、一体、中身は何だったんでしょうねぇ……。
スポンサーサイト

テーマ:怪談 - ジャンル:

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/793-28b14846
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad