niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

稲川淳二の怪談 MYSTERY NIGHT TOUR Selection11「奥多摩の旅館」


稲川淳二の怪談 MYSTERY NIGHT TOUR Selection11「奥多摩の旅館」稲川淳二の怪談 MYSTERY NIGHT TOUR Selection11「奥多摩の旅館」
(2011/06/03)
稲川淳二

商品詳細を見る



【01-死神を乗せたタクシー(2007冬)】(既出2回目)

 この話はねぇ……。実は、全国的にわりとよく起きているんじゃないでしょうか。毎年起きている数多くの事故。その内の何割かは、この話のように、どう考えても辻褄が合わなくて、関係者と警察との間で話を合わせて、半ば無理やりに辻褄を合わせて解決としている。そんな気がします。


【02-慰霊碑(2005)】(既出2回目)

 山というのはねぇ、素晴らしくもあり、恐ろしいところなんですよねぇ。人を簡単に魅する場所であると同時に、簡単に人の命を獲る所でもある。中には、囚われたまま取り込まれる人も、どうやらいるようです……。


【03-ロケバス(2010)】

 場所は、東京と神奈川の県境にある、某人造湖付近です。深夜、闇の中、バスの中で一人待機。怖いですよねぇ。運転手を任されている時には、絶対に思い出したくない、お話です……。


【04-奥多摩の旅館(1995)】(既出3回目)

 場所は、東京の奥多摩です。これはねぇ、最後のスタッフの一言に尽きますねぇ。恐いというよりも、冥福を祈りたくなる。そんなお話です。


【05-地下のリハーサル室(2008)】(既出2回目)

 神奈川県にある、古い建物に纏わる、お話です。使用禁止、出入り禁止になっている部屋というのは、必ず理由やら原因やらがあるので、気にはなっても近づかないほうがいいですよ。こんな話が、ありますから……。



【06-猫が鳴く(2009)】(既出2回目)

 場所は、東北の港町にある、アパートの一室です。今、あなたが住んでいる貸し部屋でも、過去に似たようなことがあったかもしれません。こういう曰くつきの貸し部屋、きっと他にもあるんでしょうね。
スポンサーサイト

テーマ:怪談 - ジャンル:

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/792-a9963b2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad