niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

稲川淳二の超こわい話 うらめし~い


稲川淳二の超こわい話 うらめし~い [DVD]稲川淳二の超こわい話 うらめし~い [DVD]
(2009/07/24)
稲川淳二

商品詳細を見る



【01 常連客】

 生前、自分が気に入っていた場所や物というのは、死後も気になってしまうものみたいです。執着、というやつですかね。本当に多いんですよね。この手の話。


【02 念願のマイホーム】

 誰の言葉でしたかねぇ。「幽霊屋敷の最大の恐怖は、引き払おうとした時に多くの引越し費用がかさむことだ」。名言だと思います。購入した、夢だったマイホーム。セットで幽霊が憑いてくると後から知ったとき、あなたでしたらすぐに引っ越しますか? それとも、害がなければ同居を続けますか?


【03 拾ったエアーマット】

 海からの漂着物を「えびす」といって、収得すると漁の成果が「大漁」になるという俗信が、漁業を営む人たちにはあります。でも、収得するのはいいとして、「ソレ」と一緒に海に行くのはやめたほうがいいのかもしれないですねぇ。こんな話がありますから……。


【04 ピンクのスラックスの女】

 車の運転中、通り過ぎていく人々。その中の何人かは、すでに亡くなっている人なのかもしれません……。


【05 覗いている白い寝巻きのお婆さん】

 映画やドラマ、またはアダルトビデオの撮影の時、何かの事情で空き家となっている家や、閉鎖された廃病院とかを利用して撮影することって、よくあるんですよね。ですから、撮影スタッフというのは、怪異を体験しやすい職業なのかもしれないですねぇ。でね。もしかしたらこのお婆さんは、その人の死期が近いことに気付いて、憑いて来たのかも、しれないですねぇ。


【06 雨の日のタクシー】(既出2回目)

 この話はねぇ……。事故は偶然なのかもしれないし、見たものは幻覚なのかもしれない。でも、だからこそ「怪談」なのかもしれません……。
スポンサーサイト

テーマ:怪談 - ジャンル:

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/786-a8a60088
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad