niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

稲川淳二の超こわい話 怪 1


稲川淳二の超こわい話 怪 1 [DVD]稲川淳二の超こわい話 怪 1 [DVD]
(2008/07/25)
稲川淳二

商品詳細を見る



【1 出るスタジオ】

 場所は東京の下町にある、古い録音スタジオです。何かが起きたんだけれども、なぜ起きたのかは解らない。そこが怖い、と思える話です。


【2 奥田さん】

 聴いている時はすごく怖い。でも聴き終わると、わずかながら胸の内に、虚しさと言いますか、哀しさが残る。そんな、お話です。


【3 中古車】(既出2回目)

 うまい話には必ず裏がある。法定より安価すぎる中古品には、安い、欲しい、と思っても、安易に飛びつかないでくださいね。必ずと言っていいほど、こういう話がありますから……。


【4 樹海2006】(既出2回目)

 稲川さんが、富士の樹海で撮影をしていた時の、お話です。生々しくて、とても恐ろしい話になっています。実はこの話、以前にも語られているんですが、そこでは語られなかった「その後の話」と言うのが、ここでは語られています。


【5 ギンガムチェックの女の子】

 これはねぇ……。怖いというよりも、不可思議な感がある話となっています。あなたが子供の頃に遊んだり、話をしたりしたお友達の中にも、こういう子がいたのかもしれませんよ?


【6 乗客は死神】

 この話はねぇ……。実は、全国的にわりとよく起きているんじゃないでしょうか。毎年起きている数多くの事故。その内の何割かは、この話のように、どう考えても辻褄が合わなくて、関係者と警察との間で話を合わせて、半ば無理やりに辻褄を合わせて解決としている。そんな気がします。
スポンサーサイト

テーマ:怪談 - ジャンル:

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/780-604c5914
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad