niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

超こわい話シリーズ 稲川淳二の怨念劇場(1)


超こわい話シリーズ 稲川淳二の怨念劇場(1) [DVD]超こわい話シリーズ 稲川淳二の怨念劇場(1) [DVD]
(2007/07/27)
稲川淳二

商品詳細を見る



【1.「箱根の宿で」】

 この話は、まあ、話の枕として、気構えずに、気を楽にして聴いてください……。


【2.「旧遊女屋」】(既出2回目)

 週刊誌の記者さんが取材中に体験した、怪異のお話です。場所は長野県松本市にあります、景勝地として名高い上高地周辺、穂高連峰の方だそうです。さてこの話。別の作品でも語られているんですが、そこでは語られなかった「続き」が、こちらでは語られているんです。「続き」はあった方が良かったのか、なかった方が良かったのか。興味がある人は、ぜひ、聴き比べてみてください。


【3.「銀色の靴の女」】

 ダンスパーティって、学園祭のメインイベントですよね。ガールハントやボーイハントに勤しむ者もいれば、仕方なしにか自分の意思なのか、壁の花になっている者もいる。でも、カーテンや暗幕などの裏に隠れている人間を見つけても、決して声をかけちゃあいけません。そっとしておきましょう。こんな話がありますから……。


【4.「異人屋敷」】

 場所は、とある高原の近くにある、古い西洋館です。この話はねぇ、怖いんですが、どことなく幻想的な、現代の御伽噺的な雰囲気もある、他の作品と比べてとても印象に残る怪談です……。


【5.「長い遺体」】(既出4回目)

 2007年の人気投票で、ランキング2位になった、有名な怪談です。最後の語りも怖いですが、頭に語られた話も、ねぇ。予兆というものって、あるんですかねぇ……。
スポンサーサイト

テーマ:怪談 - ジャンル:

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/775-733555bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad