niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

稲川淳二の怪霊夜話~秘蔵呪怨編~


稲川淳二の怪霊夜話~秘蔵呪怨編~ [DVD]稲川淳二の怪霊夜話~秘蔵呪怨編~ [DVD]
(2008/07/25)
稲川淳二

商品詳細を見る



【1.「ウナギを食べない理由」】

 ウナギが食べられないカメラマンさんから聞いた、ウナギが食べられなくなるきっかけとなった出来事です。これは厳密には、怪談とは言えないのかもしれない。でも、実際にその現場を見てしまったら、食べられなくなること必至でしょうねぇ。


【2.「遊びにきた女の子」】

 稲川さんが、蓼科高原にある駅の構内から目撃した、怪異のお話です。この話は、聴く人によって感想が分かれると思います。何となく哀しくなる話だなぁ、と感じる人もいれば、うわぁ怖いなぁ、と感じる人もいる。あなたは、どちらでしょうか?


【3.「気のせいか?」】(既出2回目)

 これはねぇ、ぞっとしますねぇ。どこでも、誰にでも起こり得そうな怪異の体験談です……。


【4.「シミと話すおばさん」】

 稲川さんが、お祖母さんから伺ったお話だそうです。これは厳密には、怪談とは言えないのかもしれません。でも、頭の中でその画を想像してみると、怖くなってきませんか?


【5.「おやじの霊」】

 北海道にある、テレビ局のディレクターが体験したお話です。現代の民話と言いますか、昔話と言いますか。家族の絆が感じられる、とても優しいお話です。


【6.「犬鳴きトンネルの怪」】

 福岡県にある、有名なトンネルでのお話です。とにかく、こうした話に事欠かない場所なので、興味本位で行くのは、よした方がいいでしょうねぇ……。


【7.「女郎の宿」】

 週刊誌の記者さんが取材中に体験した、怪異のお話です。起きた怪異と、怪異自体を日常の延長のように、世間話をするかのように普通に語る宿のご主人。どちらがより怖いでしょうか?


【8.「お地蔵さんの願い」】

 神奈川県の箱根にある、芦ノ湖近辺にお住まいの女優さんの、体験です。とても、神秘的な話と言いますか、神仏は本当にいるのかもしれないな、と思えるような、お話です。


【9.「恐怖のスタジオ」】

 これは2007年に行われた人気投票で、ランキング8位に選ばれた怪談です。日本テレビの番組『とりあえずイイ感じ。』の撮影中に起きた、怪異のお話です。局の方では放送するかしないか、直前まで揉めたそうですが、結局オンエアされたそうですから、もしかしたら、当時ご覧になった方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?


【10.「弟の体験」】

 稲川さんの弟さんが、海外で体験した、お話です。聞き終わった後は、なんとなくしんみりとした気分になる、そんな、お話です。
スポンサーサイト

テーマ:怪談 - ジャンル:

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/771-b4dfd37f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad