niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

違法ダウンロード刑事罰化・著作権法改正案が衆院で可決

違法ダウンロード刑事罰化・著作権法改正案が衆院で可決

 違法ダウンロードへの刑事罰導入を盛り込んだ著作権法改正案が6月15日、衆議院本会議で与野党の賛成多数で可決された。

 同日午前の文部科学委員会で、政府が提案した改正案の採決前に自民・公明が刑事罰化を盛り込む修正案を提出し、民主を含め賛成多数で可決。午後の本会議で修正案を含む形で可決された。

 従来は違法にアップロードされた音楽ファイルなどをダウンロードする行為は違法ながら罰則規定はなかったが、修正案ではこれに対し2年以下の懲役または200万円以下の罰金(親告罪)を科す。

 政府提案の改正案では、暗号によるコピー防止技術が施されたDVDなどの複製を私的複製の範囲外とした。CSSによるコピー防止が施されているDVDをPCのHDDに吸い出すリッピングは、ユーザーが購入したDVDを自分のPCに落とす限りにおいては私的複製として認められてきたが、施行されれば今後は違法になる。罰則規定はないが、DVDをリッピングできるプログラムの提供などには罰則が科される。

《引用元:[ITmedia]2012年06月15日》



 改正案の詳細についてはサイトINTERNET WATCHより、「DVDリッピング違法化+私的違法ダウンロード刑罰化法案、衆議院で可決」に詳しく載っているので割愛させていただく。

 さて、私が注目したいのは「リッピング行為の違法化」だ。今案では音楽CDのリッピングに関して、「コピーガードなどの技術的保護手段が用いられていないCDなどの私的複製については、違法化の対象とはなっていない。」(INTERNETWATCH)そうなので、CCCD問題も過去にあることから、コピーガード技術が飛躍的に向上するまでは、音楽CDにコピーガード機能を付けられる可能性は今後も低く、CDからの音楽データ抽出及び変換に関しては今までどおり「グレーゾーン」扱いになると思われる。

 問題はDVDだ。既成の作品をネット上にアップロードしたりMADムービーの素材にしたりする行為が良くないことは理解している。だが利用者の中にはプレーヤーが故障したりDVDそのものに傷がついて再生できなくなった時の保険でリッピングを行う者がいる。また、音楽データ同様、携帯プレーヤーで映画やアニメを含む動画全般を観るためにリッピングを行う者もいる。携帯プレーヤー対応の動画配信サイトもあるが、そこで扱っていない作品を観たい場合はディスクからリッピングした後、対応できるよう加工する必要がある。そうした目的でのリッピング行為も違法になるのだろうか。

 先述のCCCDも含めて「コピーガード」と呼ばれる機能自体、再生機器との相性によっては不具合を起こす危険性があるのだが、その問題は未だ解消されていない。その代わりに違法配信及びリッピング行為への厳罰化が求められた、という見方もできる。

 可決されたこの改正案。今後の私たちのメディア利用に大きく影響を及ぼすだろう。

[終]


※参考・引用サイト
違法ダウンロード刑事罰化・著作権法改正案が衆院で可決
DVDリッピング違法化+私的違法ダウンロード刑罰化法案、衆議院で可決
違法ダウンロード法(禁止法)まとめWiki
リッピング
MADムービー
コピーコントロールCD
コピーガード
親告罪
スポンサーサイト

テーマ:思うのは私だけ? - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/764-70c6c92d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad