niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

GANTZなSF映画論


GANTZなSF映画論 (集英社新書)GANTZなSF映画論 (集英社新書)
(2012/05/10)
奥 浩哉

商品詳細を見る


 漫画家である著者が、自身の創作の源である映画の中から「SF映画」にテーマを絞って独自の映画論、そして漫画論を語ったSF映画ガイドブック。
 荒木飛呂彦が書いたものと比べると、少し読み応えは弱かったが、それでも著者の映画に対する愛情は伝わってくるし、脚本力や設定力、キャラクター力など、創作活動の糧になる話も多いので、創作活動をしている、または興味がある人なら読んで損はない。それは断言する。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/762-58e1fac6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad