FC2ブログ

風月文語の適当徒然

風月文語(ふうげつ ぶんご)です。適当に徒然なことを記事にします。

データサルベージ大作戦!

 今月某日。某企業の外付けHDDが突如、パソコンに認識されなくなりました。Σ(T□T)
 電源ランプは点くのですが、モーターが駆動しません。静かなままです。
 外部からの衝撃の弱さ等については勉強済みなので慎重に扱っていたのに、本当に突如でした。
 慎重に調べている最中、接続部を指で弄るとモーターが動き出した。指を離すとモーターが止まる。どうもHDD側の端子の接続部に異常がある模様。
 メーカー及び購入店にて訊いた所、どちらも「物理障害ということで修理が必要」とのこと。ただし、

データも無事に戻ってくる保障はない、とのこと。

 御法に触れるデータはないものの、消えたら取り返しがつかないデータが詰まっている。と、いうわけで。

独力で何とかしてみよう、と決めました。



 まずは情報収集。
外付けハードディスクのデータ復旧
外付けハードディスクの故障
外付けハードディスクを認識しない

 等々のサイトから情報を集めた結果、新たな外付けHDDと、の購入を決定。

オウルテック 3ステップ簡単接続 ガチャポンパッ!でお引越しUSB3.0 OWL-EADP/U3オウルテック 3ステップ簡単接続 ガチャポンパッ!でお引越しUSB3.0 OWL-EADP/U3
()
オウルテック

商品詳細を見る


 購入時、家電量販店の店員から、「論理障害を起こしていたらデータの復旧は難しいですよ」とわかりきった助言をもらう。それならそれで「諦めがつく」という結果が得られるのだ。問題はない。


 まずはHDDの分解。剥がしたら保障が利かなくなる保護を剥がし、ドライバーで螺子を外していく。全ての螺子を取り去ったら、装甲板のようなケースを慎重に外す。初めて見るHDDの中身に正直ドキドキ。静電気が起き易い冬場でなくて本当に良かった。
 次に接続部と本体とを固定している螺子を外し、接続端子を傷つけないようにゆっくりと引き抜いていく。外した本体を作業台の上に置き、分解作業は完了。ふうっ、と息を吐く。

 接続作業に移る。
 オウルテックの製品の中からまず静電気防止シートを取り出し、基盤を下にしたHDD本体の下に敷く。次にオウルテック本体をHDD本体に接続し、次いでACアダプターとUSBケーブルを本体に接続、USBケーブルのもう一方の先をPCに接続した。
 そして、アダプターをコンセントに差し込んだ。動き出すモーター。緊張の一瞬。自動再生が始まり、そして、

全データの無事を確認。
バンザーイ∩(≧∇≦)∩


 新しいHDDにデータを移した後、旧いHDDはフォーマット。そして元通りに組み立てて完了!

 (´Д`)y-’
 このHDD、どうしようかなあ。買い取ってもらえるなら買い取ってもらおうかなあ。無理だったらゴミか。
スポンサーサイト

テーマ:トラブル - ジャンル:コンピュータ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/755-45558368
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)