niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

めだかボックス 15 (ジャンプコミックス)


めだかボックス 15 (ジャンプコミックス)めだかボックス 15 (ジャンプコミックス)
(2012/04/04)
暁月 あきら

商品詳細を見る

 アニメ、始まりましたね。私はまだ観ていないですが。
 ネタバレ含む感想です。ジャンプを読まないコミックス派です。


●「『勝ち』とは何だ?」~

「あ、そうか。俺、めだかちゃんと付き合いたいんだ」



 今 !? 今になって自覚するのですか !? 遅!
 第1箱の最後で言っていたじゃないか!

「なんだかんだ言いながらも、俺だってめだかちゃんのことが好きなのだから」



 ある意味めだかよりも鈍い!


●「正義と違って必ずしも」

 話の展開に『括弧』つけて、じゃない、かこつけて、現行の選挙制度について、前回の選挙結果の裏事情について語り合う安心院さんと袖ちゃん。
 アンダードッグ効果……って明らかに第2回キャラクター人気投票の結果を踏まえて話しているよね。人気投票の結果自体が伏線の一つになっていた――のではないな。人気投票の結果をストーリーの展開に反映させたんだろうな。あからさまに。
 しかし、怒江ちゃんも袖ちゃんも、失恋した、振られた相手を応援するなんて健気だなあ。特に怒江ちゃんは、失恋しても球磨川の元に戻っていないのだから、恋が実っても実らなくても、善吉のことを好きになったこと自体が「プラス」だったんだろうね。

「愛は、勝たなくてもいい。」


 ↑の台詞、絶対↓がネタ元だと思う。


愛は勝つ愛は勝つ
(1990/09/01)
KAN

商品詳細を見る


 場面は変わって、「委員会連合」と「裸エプロン同盟」相対す、の図。先制攻撃しておいて煙に巻く、という球磨川さんがやっぱり読めない掴めない面白い。


●「ゆえにこのゲーム間違いなく」

 「委員会連合」対「裸エプロン同盟」とのカードバトル『赤黒七並べ(ブラッディセブン)』開始!
 ……の前のルール説明の回。

『⑨ジョーカーはなし』


 この時の赤さんの顔が。(笑)

「言っとくが得意の裸エプロンってのはなしだぜ! んなもん俺は風紀委員会で死ぬほど見飽きてんだからよ !!」


 いや、風紀委員長が何言ってんの! Σ(゚д゚;)
 風紀委員会の風紀が乱れてる!

 まあ、とにもかくにも勝負開始!


●「楽しんで欲しいじゃん」
 長者原の異常にも係わらず、配られた手札が偏るのが異常と過負荷、か。

「委員会連合の才媛達がパンツ丸出しで廊下を歩いてたら、あの二人もバトルとかどうでもよくなると思うんだよね」


 相変わらずの負完全っぷり、つーか道化っぷり! ( ̄▽ ̄)
 ただ球磨川さん、改心してからはあえて嫌われ役、憎まれ役、やられ役、道化役を一手に引き受けている感がある、と感じるのは私だけでしょうか?


●「罠を張ればいい」

「ごめんね。ならしたもんなんだ。はめつのかかったびょーてきぎゃんぶる…」


 初登場時以来なかった喜界島の負の側面、ここで再登場。明らかに禊ちゃんの影響受けてるなー。もちろん「悪影響」ならぬ「負影響」を。

「おい融通…。テメーさっき、なんで言い直した?」


 ここで球磨川さんが仕掛けた罠が明らかに! 完全神経衰弱(パーフェクトメランコリイ)でも繰り出した、「不利な戦いと見越してゲームが始まる前に仕掛ける」という裏技をここでもやりやがった!

 それでも勝てないのが【負完全】。しかし本当の目的は勝負を度外視し、負けて委員会連合にもぐりこむことだった!
 戦挙の庶務戦でも似たようなことをしていたな。勝負を度外視し、負けてもいいからとにかく時間稼ぎに徹する、という。負けることには慣れないけれど、「負け戦なら百戦練磨」な球磨川さんならでは。でも太刀洗委員長には見透かされていた模様。
 そう言えば「目隠し」【公平・公正】のシンボルだそうです。太刀洗委員長はともかくとして、だから長者原副委員長はあのようなデザインなんですね。


●グッドルーザー球磨川
 NEXTに掲載された読切外伝。負完全・球磨川禊を主軸とした物語。
 箱庭学園にて丸くなる前、改心する前、負完全率100%の球磨川さんが再登場。
 一間おいて、とってつけたように感情表現する球磨川さんがとにかく気持ち悪い。

見逃してあげるから五秒以内に消えな。
申し訳ないけど僕は気まぐれ過ぎてさ、
五秒以上気が変わらない自信がないんだ。


 その言葉に蛇籠会長がほっとした瞬間、

ごめん、気が変わった。


 うわー、バットマンのジョーカー並に気まぐれ!

「見逃してやるから五秒以内に消えな。俺は気まぐれでな、五秒以上気が変わらない自信がねえ。」
 それを聞いて逃げようと後ろを向く相手に、
「悪い、気が変わった」


 そう言って撃ち殺す感じ。

 結末もすっきりとしない気持ち悪いものに。やっぱり球磨川さんは、改心したぐらいがちょうどいいな。
スポンサーサイト

テーマ:めだかボックス - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/741-e9b2304e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad