niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

100パーセント悪趣味で書かれた小説です。

恋物語 (講談社BOX)恋物語 (講談社BOX)
(2011/12/21)
西尾 維新

商品詳細を見る


“片思いをずっと続けられたら――
 それは両想いよりも幸せだと思わない?”


 阿良々木暦を守るため、神様と命の取引をした少女・戦場ヶ原ひたぎ。
 約束の“命日”が迫る冬休み。彼女が選んだのは、真っ黒で、最悪の手段だった……。

 <物語>はその重圧に軋み、捩れ、悲鳴を上げる――。

青春は、君に恋するためにある。


 以下、ネタバレ全開フルスロットルの感想。お気をつけて。


【001~】
 ま、まったく…………。
 あ、相変わらず、読者の予想を裏切る展開が大好きだな、作者は……。

語り部が、貝木泥舟とは。


 これで、展開の予想が全然できなくなった。でも、初っ端で読者に衝撃を与えることで、物語に引き込み易くする手法はアリですな。

■自室の新聞のスクラップを確認したら、ニュートリノ云々のニュースが発信されたのは3ヶ月前の9月23日。この話を書き始めたのはいつからなんだろうか。
「気弱で根暗な戯言遣い」「女装趣味の陰湿な中学生」とは、はてさて、一体どこの誰のことでしょうね? ( ̄ー ̄)ニヤリ


【002~】
 貝木にかかってきた電話。その相手は、戦場ヶ原ひたぎだった。自分がついた嘘の結果、沖縄で彼女と再会することに。

「パーティーグッズの鼻眼鏡をつけた、制服姿の女子高生」VS「アロハシャツにサングラスだが、下半身はスーツの男」
 画にしたら、シュールだよなあ。傍目には「何の罰ゲームだよ」と映ったことだろう。
■戦場ヶ原の依頼内容とは、「神様を詐欺にかける」ことだった。
 成程、「真っ黒で、最悪の手段」とは、このことか。
■「もう一度羽川をイメージしてみようと思ったが、しかし巨乳のイメージしか生まれなかった。」
 「おっぱいが大きい」という情報がこれほど恐ろしいとは、今まで思ってみなかった。恐るべし、巨乳。


【011~】
 町に戻ってきた貝木。情報収集活動に入る。

■撫子の部屋のクローゼットの謎。
 偽物語(上) (講談社BOX)・70頁から続くクローゼットの秘密。ここに蛇神撫子攻略の鍵が隠されているのだろうか。


【016~】
 蛇神と詐欺師との、あまりありがたくないファースト・コンタクト。なんか、撫子のテンションが八九寺並に高い。不在となっている八九寺の代わりか?


【021~】
 斧乃木余接が接触してくる。新たなキャラ付けをする斧乃木を見て、貝木は付き合っている悪い友達を阿良々木と予想しているようだが、あの言動を読む限り、私はどうも八九寺なのでは、と思うのだが。
 …………ん? ということは、現世にいるのか? まだ。

■「臥煙先輩の思惑」や「尾行者の登場」と、新たな伏線が発生。ちゃんと回収できるのか?


【028~】
 蛇神様と、三度目のご対面。

■撫子、中学生にしてアルコールを嗜んでいるという事実が発覚。映像化の際にはバッサリ切られることだろう。
■羽川登場。しかし、これまでの物語をまとめるためだけに出てきた端役という感じ。


【032~】
■一升瓶をラッパ呑みする女子中学生……っ!
 どんどんキャラが壊れていくなー。はっちゃけていくなー。呑んだ後で「かーっ!」って言っているのかな。
■斧乃木が語る、貝木の本心。当たっているのか外れているのか。明確な回答はない。けれど、この「曖昧さ加減」でいいのだと思う。本心を暴露してしまったら、貝木のキャラクターとしての何かがなくなってしまう恐れがあると、私は思う。


【035~】
 対決。貝木の策は失敗していた。徹底的に閉じこもり、徹底的に受け入れず、徹底的に自己完結している撫子には、貝木の策は通用していなかった。
 詐欺師の武器は言葉だ。嘘と誠を織り交ぜて、口八丁で相手を攻撃し、宥め、篭絡する。そして貝木の、撫子への会心の一撃とは――

「じゃあお前、漫画家になりたいのか?」

(;・∀・)ハッ?

「うまいじゃねえか、絵」

エェ━━━━━( ゚Å゚;)━━━━━!!?

 まさか、まさかまさか。そんな黒歴史を持った娘だったとは。伏線も仄めかしも一切なし。徹底的に隠し切っていたはずの秘密の暴露は、狂気に満ちていた撫子を正気に戻すのに十分すぎるほどの破壊力でした。
【039~】
 とりあえずのところはハッピーエンド――、と。簡単にはいかないのが西尾維新。「悪者が良いことをするのは死亡フラグ」というオチを持ってきました。でも『花物語』では登場しているから、死にはしないんだろうな。
 忍野扇はどうなった―― と思っていたら
<物語>シリーズ ファイナルシーズン

 (;゚Д゚)エエー まだ続くの? 今回のオチは、米国ドラマの引きみたいなオチだったな。

 あ、貝木のキャラデザインが公開されています。↓
偽物語

 この顔で、アロハシャツにサングラス――。南国の吸血鬼かよ。
スポンサーサイト

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/710-13097703
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad