niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

今月、初めて知ったこと。

 1秒は、地球の自転1回分(1日)の時間を24分割したもの(1時間)を60分割し(1分)、さらに60分割したもの――――ではなく、

 セシウム原子(133Cs)が吸収・放出する特定の電磁波(光)の振動周期の91億9263万1770倍。


Σ(゜Д゜;)
Σ(@Д@)
Σ(゜Д゜ノ)ノ
(゜д゜)
(ヽд) ゜゜
(;・`д・´)
(ΦДΦ)!?
\(゜ロ\)(/ロ゜)/
\(;゚Д゚)/

(´・ω・`)



 なんでも、地球の自転1回分の平均時間がわずかながら徐々に長くなっていることが判明して、時間の定義にはそぐわないと判断され始め、1967年に、原子核が持つ普遍的な現象を利用したセシウム原子時計が時間の定義として採用されたそうです。
wikipediaへのリンク⇒【
Newton (ニュートン) 2011年 12月号 [雑誌]Newton (ニュートン) 2011年 12月号 [雑誌]
(2011/10/26)
不明

商品詳細を見る

手元にある1997年版(当時高校生)の国語辞典にも同様の記述があった。

 当時、「1秒の定義」って学校で教えられたか? 無いような気がする。教えられていたら「セシウム~」の方をちゃんと覚えていると思うんだけど。
 当時の教科書が今手元にあったら読み返してみたい。
スポンサーサイト

テーマ:( ・∀・)つ〃∩ヘェーヘェーヘェー - ジャンル:その他

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/687-c0e80c1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad