niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

海洋汚染1.5京ベクレル超=東電推定の3倍―原子力機構が試算・福島第1原発

   海洋汚染1.5京ベクレル超=東電推定の3倍-原子力機構が試算・福島第1原発

 東京電力福島第1原発事故で、日本原子力研究開発機構は8日までに、汚染水の流出に加え、大気中からの降下分などを合わせた海洋への放射能放出総量が1.5京(1京は1兆の1万倍)ベクレルを超えるとの試算をまとめた。東電は4~5月に海に流出した汚染水の放射能量を約4720兆ベクレルと推定しているが、試算はこの3倍以上に達する。
 原子力機構の小林卓也研究副主幹(海岸工学)らは、漏えいした汚染水の影響に加え、東電が公表したモニタリング数値などを用いて、大気中に出されたヨウ素131とセシウム137が海に降り注いだ状況をシミュレーション。同原発放水口付近の海水から放射性物質が初めて検出された3月21日から4月30日までの放出総量を試算した。
 その結果、海に放出されたヨウ素131は1.14京ベクレル、セシウム137が0.36京ベクレルで、計1.5京ベクレルとなった。セシウム134はシミュレーションでは考慮していないことから、放出総量はこれを超えるという。


【時事ドットコム】(2011/09/08-05:50)


 人体および環境にどのような影響があるのかよく解らない記事である。情報が足りないままでは要らぬ不安感が広がるかもしれないので、補足説明を試みてみる。


 ○ヨウ素:放射性ではないヨウ素が体内に十分にあれば、放射性のヨウ素は体内に取り込まれにくい。あらかじめ放射性ではないヨウ素を服用しておけば、放射性のヨウ素の蓄積を防ぐことができる。
 ○セシウム:半減期は約30年だが、体内に入っても、長くても三ヶ月ほどで体外に排出される。長期間体内に留まることはない。
 ○ベクレル:「1秒間に崩壊する(放射線を出す)原子の数」を表す単位。


 単純に「これまでに流出した分全体で1.5京ベクレルの量」という放射能放出総量のみが発表されているようだが、この数値だけでは海中に流出した放射能の濃度やリスクが全く判らない。総量だけでなく、面積や体積ごとに含まれる濃度によって、想定できる被爆量【Sv/年】も変わるからだ。
 過去、放射性物質などが海に放出された問題で最も有名なのは、イギリス中西部にあるセラフィールド再処理工場の問題である。工場は2003年に閉鎖されたが、稼働中に放出された放射性物質が周囲にどのような影響を及ぼしたかについては、未だ決着はついていない。
 まだデータが完全に揃っていないので総量のみ発表したのなら、完璧に勇み足だ。何も知らない人たちの不安を徒に煽るだけの情報である。生物濃縮による濃度の増加も考えられるため、せめて海水1リットルあたり何ベクレル存在するのか、【Bq/l】の発表が待たれる。
 そしてそれまで私たちがすべきことは、「要らぬ過剰な心配をしないこと」だろう。


きちんと知りたい原発のしくみと放射能 (ニュートンムック Newton別冊)きちんと知りたい原発のしくみと放射能 (ニュートンムック Newton別冊)
(2011/07/27)
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:放射能ニュース - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/668-81145f1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad