niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

百物語 第10夜―実録怪談集

百物語 第10夜―実録怪談集 (ハルキ・ホラー文庫 ひ 2-10)百物語 第10夜―実録怪談集 (ハルキ・ホラー文庫 ひ 2-10)
(2011/07)
平谷 美樹、岡本 美月 他

商品詳細を見る



 毎年刊行されているシリーズの最新作である。筆者の在地が岩手県ということもあり、今巻にはあの「東日本大震災」前後に起きた不可解な出来事も収録されている。
 まだ震災の傷が癒えきらないこの時期にそんな話を出版するのは不謹慎だ。そう主張する方もいるかもしれない。
 だが以前にも紹介した、稲川淳二さんが語った戦争に関わる怪談と同様、多くの人々が亡くなった事象に関わる怪談というものは、一般的な怪談のそれとは大きく異なる。
 単に読者を怖がらせるものほど、「創り」であることがほとんどだ。本物の戦争や震災に関わる怪談は、恐怖を抱かせるものはほとんどない。むしろ生存した方々、亡くなった方々双方への「鎮魂慰撫」の要素が強い。
 だから、時期に関係なく、こういう話を見聞きし、採話するのも、何ら不謹慎なことではないだろう、と私は言いたいのだ。
スポンサーサイト

テーマ:地震・天災・自然災害 - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/664-2bcf5c53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad