niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

〆言葉

 『稲生物怪録』という、江戸時代中期に広まった、妖怪にまつわる怪異をとりまとめた物語では、百物語をした後におよそ1ヶ月に渡って怪異が続いたとされています。
 それに因んで、私もおよそ1ヶ月かけて稲川さんの怪談を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。怪談の世界に興味を持っていただけたでしょうか?
 稲川さんの怪談は、毎年新作が発表されています。ですから、可能であれば、来年も稲川さんの作品をご紹介させていただきます。
 明日から、通常の更新に戻らせていただきます。では。

稲川淳二公式サイト
スポンサーサイト

テーマ:心霊 - ジャンル:サブカル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/662-f88c27ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad