niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

稲川淳二の「怪奇夜話」

稲川淳二の「怪奇夜話」 [DVD]稲川淳二の「怪奇夜話」 [DVD]
(2005/06/24)
稲川淳二

商品詳細を見る



【1「ベランダの顔」】
 これはねぇ。案外、どこにでもありそうな話ですよねぇ。あなたの部屋は、マンションですか? 時々、ベランダから視線を感じることは、ありませんか?
【2「リヤカー」】(既出2回目)
 稲川さんのおばさんが、戦時中に体験した怪異のお話です。場所は、長野県の某所だそうですが、その場所。どうも、現在でもあるようですが、行ってみない方が良いですよ。足止めをされますから。
【3「夜中に目をさますな!」】
 ある人が、野球部の合宿中、夜中に体験したお話です。先輩の言葉は、なるべく守った方がいいのかもしれません。なにせこんなことがあったりしますから……。
【4「女の子の忘れ物」】
 歌手でタレントの、エド山口さんから聞かせていただいたお話です。ドライブ中に、真夜中に一人で道路を歩いている人を見かけたら、この怪談を、思い出してみてください……。
【5「穴を掘る女」】(既出2回目)
 これは、稲川さんがテレビの取材で、静岡県の東部に行ったときのお話です。その場では気付かない。後から「あれは怪異だったのか」と気付くときもあれば、ずうっと気付かないままのときもある。そんな、お話です。
【6「何かいる?」】
 ラジオ番組の収録の合間に、吉田照美さんと小俣雅子さんから聞かせていただいたお話ですが、なんとも奇妙なお話なんです。もしかしたら、小俣さんに気がある何物かが電話を通じて、小俣さんに移ったのかもしれません……。
【7「山道の遭遇」】
 場所は、山形県と秋田県の境にある、小さな村が近くにある山間です。これは、厳密には怪談とは言えないのかもしれません。でももしかしたら、呼ばれたのかもしれません。ちなみに稲川さん、こういう体験を他にも複数回しているそうです。呼ばれやすいんですかね?
スポンサーサイト

テーマ:心霊 - ジャンル:サブカル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/645-1a962773
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad