niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

稲川淳二の怪談 MYSTERY NIGHT TOUR Selection2「北海道の花嫁」~心を癒す怪談集~

稲川淳二の怪談 MYSTERY NIGHT TOUR Selection2「北海道の花嫁」~心を癒す怪談集~稲川淳二の怪談 MYSTERY NIGHT TOUR Selection2「北海道の花嫁」~心を癒す怪談集~
(2003/07/25)
稲川淳二

商品詳細を見る



【01.Introduction】

【02.数学者のあとがき(1996)】
 時代は、第2次世界大戦直後のころ。ドイツの数学者が子供のときに体験した、ジェントル・ゴースト・ストーリーです。著書のあとがきに書かれていたそうなんですが、和訳されて出版されているんですかねぇ。出ていたら、一度読んでみたいものです。
【03.銀星号(1997)】
 稲川さんがTVの企画で、羽田空港に行った時に、年老いた整備士さんから聞かせていただいた、お話です。今もどこかの夜空を、飛んでいるんですかねぇ……。
【04.北海道の花嫁(1996)】(既出3回目)
 これは2007年に行われた人気投票で、ランキング6位に選ばれた怪談です。聴いている間は恐いんですが、聴き終わったときには、なんか、心温まる昔話を聴いた気分になる、そんなお話です。
【05.マネージャーの最後の仕事(2001)】
 この話はねぇ、聴き終わったときには、すごく切ない気分になる、そんなお話です。現れた相手を恐がるのはこっちの勝手。向こうは、そんな気は一切ないのかもしれない。死人が現れたからといって、必ずしも恐怖を感じることはないのかも、しれません。
【06.塹壕の兵士(2002)】
 ある方が戦争中、南方の戦地で体験した、不思議なお話です。戦争にまつわる怪談というのは、どうしてこう、哀しみを覚えるものが多いんでしょうねぇ……。
【07.コウスケ(2001)】
 ある方が、子供の頃に体験した、不思議なお話です。あなたには子供の頃、あなたしか知らない友達と話をしたり、遊んだりした記憶は、ありませんか?
【08.母の愛(1993)】
 稲川さんの奥様の、お母様が体験した、すごく胸が熱くなるお話です。死の直前まで子を想っていた母親のお話。ぜひ聴いてみてください。
スポンサーサイト

テーマ:心霊 - ジャンル:サブカル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/642-8c373217
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad