FC2ブログ

風月文語の適当徒然

風月文語(ふうげつ ぶんご)です。適当に徒然なことを記事にします。

稲川怪談…前口上

 ここに、1枚のmicroSDカードがあります。

Kingston 2GB microSDカード SDC/2GB 永久保証Kingston 2GB microSDカード SDC/2GB 永久保証
(2008/07/01)
Windows

商品詳細を見る


 この中には、タレントの稲川淳二さんが語る怪談が、たくさん詰まっているんです。


 私は、怖がりなんですが、怪談が大好きなんです。
 怖い話ももちろんある。でもそればかりじゃあない。なんと言いますか、こう、心が満たされるというか、温かくなる怪談というのもたくさんあるんです。そういう怪談を聴くとですね、人というのは、死んだらそれで終わり、というわけではないんだな、と。こう思うわけです。
 「人は死して名を残す」という言葉がありますが、名ばかりじゃあない。想いも、どこかに残っているんじゃないか。そんな気持ちになるんです。

 今年の春。大きな地震がありました。津波も起きて、多くの方々が亡くなりました。偉そうな物言いで申し訳ありませんが、生き延びた方々も、大変つらいものを抱えながら、日々を過ごしています。
 でもね。そこで私は思うんです。
 もしかしたら、お亡くなりになった人たちは、生き残った人たちの傍に今もいるんじゃないかと。
 今も傍にいて、人々と被災地が元気になっていくのを見守っているんじゃないかと。
 怪談を読んだり聴いたりしていると、時々なんか、そんなことを想うんですよね。

 今年も、稲川淳二の怪談ナイト MYSTERY NIGHT TOUR 2011が始まります。明日から、始まります。被災した東北地方にも行きます。
 だから私は、明日から特集として、稲川さんの怪談を、なるべく毎日紹介したいと思います。
 繰り返しますが、怖い話ももちろんある。でもそればかりじゃあない。心が温かくなる話もたくさんあるんです。怖いのが嫌い、苦手だという人も、そういうのを選んで聴いてみては、いかがでしょうか――。
スポンサーサイト

テーマ:心霊 - ジャンル:サブカル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/631-31e7e8d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad