niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

02-01

 夕食後。大半の客は部屋を出たが、私と裕子、綾瀬さんと東里さんはカウンターに移動した。茶髪の男性は、綾瀬さんがカウンターに移ったのをみると、私たちに聞こえるくらい大きい舌打ちをして出ていった。
 黒川さんがリモコンを操作すると、ジャズが流れてきた。深みのある渋い声だ。
「これ、映画で聴いたなー。あの、女子高生がジャズを演奏するやつ」
 裕子が思い出せないでいると、綾瀬さんが、
「俺は戦争映画を観ていたときに聴いた事があるな」と言うと、黒川さんが、
「飾磨さんが仰ったのは『スウィング・ガールズ』で、綾瀬さんが仰ったのは『グッドモーニング・ベトナム』ですね。この曲はルイ・アームストロングの『ワッツ・ア・ワンダフル・ワールド』です」と解説してくれた。
「黒川さんって、映画に詳しいんですか?」
 東里さんが尋ねると黒川さんは、
「詳しいわけではないですが、まあ好きですから沢山の数は観ていますね」と答えた。
「さて、何をお飲みになりますか?」
 黒川さんが私たちに尋ねた。私が、
「あの、私たち未成年なんですけど、ノンアルコールのカクテルを飲ませてくれると聞いたので」
「あ、そうですか。では飲み物を挙げていきますので選んでください。その飲み物をベースにしたカクテルを作らせていただきます。えーと、アップル、オレンジ、トマトジュース、コーラでしたら、すぐにご用意できます」
 私はアップルジュース、裕子はオレンジジュースを選ぶ。綾瀬さんはゴッドマザーを、東里さんはマティーニというカクテルを注文した。
 黒川さんがカクテルを作っている間に次の曲が始まった。すごく綺麗な女性の歌声だ。
「あ、これは知ってる。『Follow Me』だ」
 綾瀬さんがそう言うと、東里さんが、
「私は知らないなー、誰が歌っているの?」と尋ねた。
「誰かは知らないけど、何年か前に観た映画の主題歌だよ。『イノセンス』っていう映画。その時は一人で観たから――」
スポンサーサイト

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/59-e51d3ba5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad