FC2ブログ

風月文語の適当徒然

風月文語(ふうげつ ぶんご)です。適当に徒然なことを記事にします。

傾物語 (講談社BOX)

傾物語 (講談社BOX)傾物語 (講談社BOX)
(2010/12/25)
西尾 維新

商品詳細を見る


 迷子の小学生・八九寺真宵
 阿良々木暦が彼女のために犯す、取り返しのつかない過ちとは――!?

 <物語>史上最強の二人組が"運命”という名の戦場に挑む!

 以下、ネタバレ・フルスロットルの感想。





 語り部⇒暦
 二人組⇒暦と忍
 物語の中心⇒暦と忍

 前巻の前振りや思わせぶりな表記はなんだったんだ。

 本当、毎度毎度、良い意味で読者の先読みを物の見事に外してくれます。

 八九寺本人は終盤になるまで出てこない。 彼女がメインの物語じゃなかったのか。

 しかし、それ以上にとんでもない展開に。
 過去に戻って八九寺を本来起きたはずの事故から救ったら、それが世界滅亡の引き金に、という展開もとんでもないですが、それ以上に今巻のみにしか出てこない、妄想力を掻き立てられるレアレアなキャラクターが目白押し。
 忍野の姪っ子に、暦にデレデレな三つ編み眼鏡中学生姿の忍に、ショタな暦に、ロリな羽川に、大人バージョンの八九寺と、なんだこのパラレルなワールド。

 本筋の、ありえたかもしれない最悪<ワースト>な世界が霞んじゃってるよ!

 そして、今回判明した凶悪な現実(一六五頁参照)には笑った。

忍「……意外なことに、奴の行為が実を結びつつあるわけか……」
暦「奴って誰だ? そのラスボスっぽい響き……さては貝木か?」
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/540-b7290035
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad