FC2ブログ

適当徒然

適当に徒然なことを記事にします。

猫物語 (白)

猫物語 (白) (講談社BOX)猫物語 (白) (講談社BOX)
(2010/10/27)
西尾 維新

商品詳細を見る


 「羽川翼という私の物語。しかし私は語ることができない。」

 完全無欠の委員長、羽川翼は二学期の初日、一頭の虎に睨まれた――。
 それは空しい独白で、届く宛のない告白……。

 『化物語』シリーズ、2nd-Seasonの始まり。

 ネタバレ前回の感想です。それでも良い方は、続きをどうぞ。




 ヒロイン自身が語り部となる、『化物語』2nd-Seasonの初刊。阿良々木暦が語り部ではなくなったことで、連鎖爆発の如き怒涛のボケ&ツッコミの応酬がほとんどなかったのは残念でしたが、一人のキャラクターをとことん掘り下げ、且つ成長していく姿を書ききったという本筋の展開は良かったです。かなり重かったですが。

 しかし今回の扉絵。イメージチェンジした羽川翼の初のお披露目絵でしたが、あまりの「記号のなさ」=「普通さ」に、正にエピソードくんの「え、誰?」の感覚でした。
 今後はイメージチェンジした各ヒロインの立ち絵が各巻の扉に載ることになるのでしょうね。

髪を短くした状態での障り猫は、『HUNTER×HUNTER』のネフェルピトーにそっくりだな」と思ったのは、私だけではないはずだ。


スポンサーサイト



テーマ:化物語 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/521-4146f577
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)