FC2ブログ

風月文語の適当徒然

風月文語(ふうげつ ぶんご)です。適当に徒然なことを記事にします。

銀魂―ぎんたま― 36

銀魂―ぎんたま― 36 (ジャンプコミックス)銀魂―ぎんたま― 36 (ジャンプコミックス)
(2010/10/04)
空知 英秋

商品詳細を見る





『悪党だらけの この素晴らしき世界』/『丁か半か』
 神威と高杉、最凶耽美系タッグ結成。今冬は、この2人のカップリング本の需要拡大が見込まれそうです。
 どっちも攻受両方とも似合っていて、私の中では、2人の位置関係はまだ確定していません。




『超必殺技はコマンド難すぎて出せない』
 そうそう。(-_-)
 だから私は格闘ゲーム全般が苦手です。

 洞爺湖仙人、一家で再登場。終始、コンテンツ業界の生々しい裏事情と木村カエラでボケ&ツッコミ。
「どんだけ生々しい話!?」
「結局こっちもカエラぁぁぁぁ!!」
 読んでいる人のほとんどが、きっと同じツッコミを入れただろうな。




『寿限無』/『名は体を表す』
 九ちゃんが将軍家から「さるお方」ならぬ「猿のお方」を預かることに。
 「我輩は猿である。名前はまだない。」ということで、万事屋+志村姉弟が名付けをすることになるのだが、えらいことになる。
 (個人的には本筋よりも、「九ちゃんの生脚」という、銀魂には珍しいサービスカットが気になった。




『葬式って初めていくと 意外とみんな明るくてビックリする』/『ウコン茶は二度見してしまう』
 万事屋行きつけの定食屋の親父のお葬式。同じく常連の新撰組三人も参加するのだが、親父の幽霊が出現してサァ大変。

 回想シーン。よく見たら銀さんの前に土方スペシャルが、土方さんの前に宇治銀時丼が。
「おぃぃ、逆ぅぅぅぅ!!」

 「遺体が一体」云々。偶々言ったことが偶然のダジャレになってしまった時というのは、本当につらいです。
「そんなつもりじゃなかったんです」と弁解しても、誰も信じてくれない。

(よく考えてみたら、宇治銀時丼って、「妖怪化したおはぎ」のようなものなんじゃないか?)
スポンサーサイト

テーマ:銀魂 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/516-3ee13116
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad