niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

刀語 第八話 微刀・釵

刀語 第8話 (8) (講談社BOX)刀語 第八話 微刀・釵 (講談社BOX)
(2007/08/02)
西尾 維新

商品詳細を見る


 姉・七実との死闘を経て、名実共に日本最強となった七花と、伝説の変体刀を七本まで蒐集した奇策士・とがめは江戸の奥地に広がる人外魔境の異界・不要湖へと足を踏み入れる。
 “敵”か、“味方”か!? ――とがめたちを揺さぶる監察所総監督・否定姫と、配下の元忍者・左右田右衛門左衛門
 そして、残すところ四人! 真庭忍軍の次の一手とは――!?
 刀語は後半戦に突入! 目まぐるしく動く因縁の物語!
 刀語、第8話の対戦相手は、不要湖を守護する日和号!

 以降、ネタバレ含む感想。




 七花ととがめ、原作にない親密なシーンが多く描かれていて、原作よりもイチャイチャ度が大幅にアップ。初回に比べ、七花は人間らしい喜怒哀楽が豊かになってきました。
 七花の成長を重点にした展開になっていたので、原作の「これまでの戦闘に対する七花なりの感想」「否定姫が語る日和号の裏設定」、そして、今月の「ちぇりお!」が省かれていて、やや薄っぺらな内容になってしまっていました。特に「ちぇりお」はとがめの代名詞なだけに、残念無念。
 あと宿での会話の時に、七花の「それは、四季崎記紀の話をしてるんだよな?」の台詞の次に、「際どい会話でした」というナレーションが入ると、原作の色がより出てよかったんですが。

 さて、ここでアニメのみ視聴・原作未読の人に問題です。

太陽電池なんて概念のない戦国時代に、日和号を製作することができた四季崎記紀とは、一体何者なのか?」

 次回予告。
 決戦舞台は、出羽・将棋村!
 蒐集対象は、王刀・鋸!!
 対戦相手は、汽口慚愧!!!
スポンサーサイト

テーマ:刀語(カタナガタリ) - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/487-93bbc89a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad