FC2ブログ

適当徒然

適当に徒然なことを記事にします。

新耳袋―現代百物語〈第5夜〉

新耳袋―現代百物語〈第5夜〉 (角川文庫)新耳袋―現代百物語〈第5夜〉 (角川文庫)
(2004/06)
木原 浩勝中山 市朗

商品詳細を見る


 明日、8月15日は終戦祈念日ですね。世界標準としては9月2日ですが。
 毎年、メディアで組まれる戦争に関する特集を目にする度に、「ああ、戦争は、まだ終わっていないんだな」と思ってしまいます。
 現代の平和は、けっして過去の戦争と断絶した状態で存続しているのではない、と。
 特に、下のようなニュースが出たりすると。↴

「対日戦勝記念日」制定=北方領土支配を正当化-ロシア

 『新耳袋―現代百物語〈第5夜〉』には、「戦争にまつわる九つの話」が収録されているので、代表として掲載しました。
 怪談本には多かれ少なかれ、生者死者問わず、「戦争の犠牲者が登場する怪談」が、必ず複数は収録されています。
 そして戦争にまつわる怪談というのは、怖い話は少ない。むしろ哀しい話が多くを占めているのです。

 怪談本を読み返していてそういった話に当たると、「ああ、彼らにとっては、戦争はまだ終わっていないんだな」、と複雑なものが心中に浮いてきます。

 明日の終戦記念日。怪談本を読んでいて、戦争にまつわる話に当たったら、瞬間でも彼らの冥福を祈ってみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト



テーマ:心霊 - ジャンル:サブカル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/486-827e28e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)