niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

禍禍(まがまが)―プチ怪談の詰め合わせ

禍禍(まがまが)―プチ怪談の詰め合わせ (二見文庫)禍禍(まがまが)―プチ怪談の詰め合わせ (二見文庫)
(2004/10)
加藤 一

商品詳細を見る


 実話怪談のコレクターである著者が送る、
「集めたはいいが、どう分類していいかわからない」
「何が起きたのかわからない」
「なぜそんなことが起きたのかわからない」
 因果関係も出現理由も意味不明、結末も尻切れ蜻蛉な、「起承転結」の内「承」と「転」しか書かれない、わからないことづくしでただただ気持ち悪い怪談のみを集めた、一風変わった怪談本。
 オーソドックスな怪談に飽いている人は、どうぞ。
スポンサーサイト

テーマ:心霊 - ジャンル:サブカル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/478-315dbe9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad