FC2ブログ

風月文語の適当徒然

風月文語(ふうげつ ぶんご)です。適当に徒然なことを記事にします。

猫物語 (黒)

猫物語 (黒) (講談社BOX)猫物語 (黒) (講談社BOX)
(2010/07/29)
西尾 維新

商品詳細を見る


 完全無欠の委員長、羽川翼阿良々木暦の命の恩人である彼女はゴールデンウィーク初日、一匹の猫に、魅せられた――。
 それは、誰かに禁じられた遊び……人が獣に至る物語。
 封印された“悪夢の九日間”は、今その姿をあらわにする!

 例によってネタバレ全開の感想なのでご注意ください。



 完全無欠の委員長、羽川翼の物語、なんだけど。
 掴みのギャグパートで全体の1/4を占めるってどうなの。まあ、読者の先読みを外すことに重点が置かれているのが、西尾維新の作風なので、今さらなんですが。

 相変わらずギャグパートはメタメタな展開でしたなー。阿良々木火憐曰く「時系列がしっちゃかめっちゃかにこんがらがっちゃってる」。
 んで、プラス・際どい会話の連続。どこまでチャレンジャブルなんだ、西尾維新。

 シリアスパートは、正直きつかった。前々から委員長ちゃんの家庭環境には問題があることは過去作でも匂わされていたけれど、まさかあそこまでとは。想像の斜め45度上を越えていた。暦が月火に抱きつきたくなる気持ちも共感できる。

 結末は、まあ予定調和。前作のダイジェストの通り、暦は例によって何も出来ないままボロボロに。幼女の姿をした吸血鬼がエナジードレインで怪異を吸い取ってエンド。
 なるほど、「問題を先送りにする」という結末は珍しい(のかな?)。




 で、「化物語」シリーズ第二期決定。(二重の意味で)
 まずはアニメ。第一話でもダイジェストの形でありましたが、『化物語』の前日譚、『傷物語』の製作が(本当に)決定!
 一年近く前にamazonで、フライングの形でアニメ化の情報が流れ、結局「誤報」ということで落ち着いたようですが、今回はマジのようです。
 それから原作。つばさタイガー」「まよいキョンシー」「するがデビル」「なでこメドゥーサ」「しのぶタイム」「ひたぎエンドの6作の製作が決定しているようです。順々に物語の収束に向かっていく体裁をとっているのでしょうか。
 個人的には最終作よりも「なでこメドゥーサ」というタイトルが気になります。
スポンサーサイト

テーマ:この本買いました - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/472-58de852c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad