niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

刀語 第七話 悪刀・鐚

刀語 第七話 悪刀・鐚 (アクトウ・ビタ) (講談社BOX)刀語 第七話 悪刀・鐚 (アクトウ・ビタ) (講談社BOX)
(2007/07/03)
西尾 維新

商品詳細を見る


 奇策士とがめと旅を続ける無刀の剣士・鑢七花を襲う、最大・最恐・最悪の試練――。
 刀大仏が鎮座する聖地・清涼院護剣寺で、この世で唯一血を分けた姉との、血で血を洗う死闘!
 悪刀『鐚』を携え、七花の前に立ちはだかる姉に、七花はその剣を振り下ろせるのか――!?
 刀語、第七話の対戦相手は、虚刀流不世出の天才・鑢七実

 以下、ネタバレ含むアニメの感想。




 今回はちょっと作風が違っていましたね。全体的に線が太く、重要でない部分は紙芝居風に作られていました。
 で、前回同様今回も、「かなり」とまでは言わなくとも、ある程度重要な場面が端折られていたのは残念でした。

 真庭鳳凰と人鳥の会話後半とか。
 刀大仏の御前で行われた再試合の前にされた、七花と七実の会話とか。

 まあ一時間枠に収める上で仕様がなかったのかもしれませんが。

 逆に原作とは違う演出にしたことで、かえって良くなった箇所もありましたね。

 とがめが七花の頬を平手打ちした後、着地に失敗した場面とか。
 七実の散り際の最後とか。(ちなみにあの台詞は原作どおり。)

 最後に。
 七実が清涼院護剣寺を制圧した場面が、何故か某ファミリーコンピュータのシューティングゲーム風だったのには大いに笑いました。(井戸からなんか変なの出てきたし!
 EDテーマ後、原作にも挿絵で描かれていた、七花と七実の幼少時代の場面が出てきた時には、泣きそうになりました。(T-T)




 次回八月。
 決戦舞台は江戸・不要湖!
 蒐集対象は微刀・簪!!
 対戦相手は日和号!!!
スポンサーサイト

テーマ:刀語(カタナガタリ) - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/468-f28a3d49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad