FC2ブログ

風月文語の適当徒然

風月文語(ふうげつ ぶんご)です。適当に徒然なことを記事にします。

零崎人識の人間関係 戯言遣いとの関係

零崎人識の人間関係 戯言遣いとの関係 (講談社ノベルス)零崎人識の人間関係 戯言遣いとの関係 (講談社ノベルス)
(2010/03/25)
西尾 維新

商品詳細を見る


 未解決事件の一つ、「京都連続通り魔事件」。被害者は全て一般人。犯人は――殺人鬼、零崎人識
 これは、前作では語られなかった、「京都連続通り魔事件」の詳細な物語であり、零崎人識の苦闘の物語である。

 以下ネタバレ含む感想。↓




クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識 (講談社ノベルス)クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識 (講談社ノベルス)
(2002/05/08)
西尾 維新take

商品詳細を見る


クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識 (講談社文庫)クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識 (講談社文庫)
(2008/06/13)
西尾 維新

商品詳細を見る


↑本編では著されなかった、「京都連続通り魔事件」と零崎人識を主軸とした、上記作品の言わばB面のような作品。全三作とは違い、今作では第三者から見た零崎人識が描写されている。
 通して読んで、改めて感じたのは、零崎一賊を主軸として物語を読むと、彼らはひたすら不器用で家族思いで格好いい。
 だが一般人の目から見れば、やはり彼らは「殺人鬼」という異常な存在なのだ。
 人識と出会う人々は、多少「一般」という枠から外れているかもしれないけれど、財力の世界からも権力の世界からも暴力の世界からも縁遠い、一般人
 人識と偶々出会っただけで殺された被害者。
 人識と偶々出会っただけで殺されなかった目撃者。
 「彼らは何故殺され、何故殺されなかったのか」というホワイダニット(動機)が主軸の、原点回帰の推理小説でした。

 しかし――。○○○○という動機のためだけに人を殺し、解体までする人識は、やはり殺人鬼、零崎一賊ですな。
スポンサーサイト

テーマ:西尾維新 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/422-8a6cfb27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad