FC2ブログ

風月文語の適当徒然

風月文語(ふうげつ ぶんご)です。適当に徒然なことを記事にします。

触れると感じる「触覚」のあるロボット用皮膚、米企業が開発

触れると感じる「触覚」のあるロボット用皮膚、米企業が開発

攻殻機動隊 (1)    KCデラックス攻殻機動隊 (1) KCデラックス
(1991/10/02)
士郎 正宗

商品詳細を見る


 ↑の、05 MEGATECH MACHINE Ⅱ[メイキング・オブ・サイボーグ]を読んでもらうとより理解しやすい。
 触れた時の感覚で力の制御ができるようなプログラムができれば、いずれは事故等で失われた人体を補うためのサイボーグ技術にも使用されるかも。
 そしてこれらの機能を搭載した給仕やオペレーター仕様のロボットが世に出回るようになれば、更に雇用情勢は悪化する、か?
 ああ、生身では危険な地域で活動させるのにロボット技術は必要か。
 んで、さらに技術が進化、普及して感覚の制御が易しくなったら愛玩用ラブドールの製作技術にも転用される、と。
 ロボットの普及雇用確保とが共存できる社会であればいいなあ。
スポンサーサイト

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/408-ae881d06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad