FC2ブログ

風月文語の適当徒然

風月文語(ふうげつ ぶんご)です。適当に徒然なことを記事にします。

ターミネーター4

ターミネーター4 コレクターズ・エディション [DVD]ターミネーター4 コレクターズ・エディション [DVD]
(2009/11/20)
クリスチャン・ベイルサム・ワーシントン

商品詳細を見る


 2003年。死刑囚マーカス・ライトは、サイバーダイン社への献体同意書にサインをした後、薬物投与による死刑を執行された――。

 2018年。ジョン・コナーは対スカイネット・人類抵抗軍の一兵士として活躍していた。敵基地の一つに潜入した部隊は、ジョンを除く兵と捕虜全ての犠牲と引き換えに、機械の動きを停止させる信号を入手する――。

 同じく2018年。カイル・リース少年は機械から攻撃を受けた男性を助ける。その男性は、15年前に死刑を執行されたはずの、マーカス・ライトであった――。

 2003年に死んだはずのマーカスが、なぜ2018年の世界で活動しているのか。
 ジョンとカイルは出会うことが出来るのか。
 人類はスカイネットとの戦争に終止符を打てるのか。

 謎が謎を呼ぶ、人気SFシリーズ第4弾!

 ――以下、ネタバレを含む感想。




 観るんじゃなかった…。

 ファンの、ファンによる、ファンのための、蛇足としての駄作。
 スカイネットが捕虜を集める理由が、カイルを発見するため、そしてカイルを餌にジョンを誘き寄せるため、というのは、まあわかる。効率云々の疑問は、百歩譲るためにこの際脇に除けておく。
 だが、基地に帰還したマーカスを修復した後、彼に滔々と自慢げに全てを説明すんなよ!
 お前は三流四流の悪党のボスか!
 自分を人間と認識しているマーカスにそんな話をしたら、ジョンとカイルを助けるために行動することは、火を見るより明らかだろう!
 試作機(プロトタイプ)だから記憶を消すことはできないことはわかっているんだから、説明するならせめて二人を始末してからか、マーカスを処分する間際にしろよ!
 コンピュータなのにコンピュータらしくないスカイネット。策士策に溺れて自爆という、なんとも面白くない結末でした。
スポンサーサイト

テーマ:映画 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/390-e7bc5615
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad