niwakaの“あくまで個人の感想です。”

その名の通り熱しやすく冷めやすい"niwaka"が、徒然なるままに色々なことを書き散らします。

サマータイムマシン・ブルース

サマータイムマシン・ブルース スタンダード・エディション (初回生産限定価格)サマータイムマシン・ブルース スタンダード・エディション (初回生産限定価格)
(2006/02/15)
瑛太上野樹里

商品詳細を見る


暑い夏。容赦ない太陽の放射熱の下で草野球に励んでいる――SF部員。
SF研でありながらSF研究を全くしない部員たち。そんな彼らが頼りにしているエアコンのリモコンが絶妙なタイミングによる事故で壊れてしまい、エアコンを動かせなくなってしまう。
次の日、何とかして「涼」を得ようとする部員たちがふと気付くと、部室の隅に変なモノが。
冗談のつもりで動かしてみたら――タイムマシンだった!?
昨日と今日を行ったり来たり? 脱力系タイムトラベルコメディ。

舞台作品の映画化。監督は本広克行。
脱力系ギャグの連続だが、オープニングで省略された部分や所々の小ネタ・小道具が、全体の辻褄合わせの鍵になっているという、「タイムトラベル」作品にありがちな「タイム・パラドックス」を見事に攻略している良作。
面白かったです。
スポンサーサイト

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/39-6c236ed3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad