FC2ブログ

風月文語の適当徒然

風月文語(ふうげつ ぶんご)です。適当に徒然なことを記事にします。

武士道とエロス

武士道とエロス (講談社現代新書)武士道とエロス (講談社現代新書)
(1995/02/20)
氏家 幹人

商品詳細を見る


 時代劇が好きな婦女子の方々に、ぜひ読んでほしい。
 煽り文句が凄い。

「男同士の恋こそ武士道の華!」

 木下藤吉郎が主君である織田信長の草履を懐に入れて温めるエピソード「あたたかい草履」を読んだ人の感想は、以下の四つに分類されると思う。

①微笑ましい
②ふーん
③気持ち悪い
④萌え

 ④の人は即買いだ。日本の男色文化史を解説したこの本を読まずして、腐女子を自認するなかれ!
スポンサーサイト

テーマ:文学・小説 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://publicoenemy.blog60.fc2.com/tb.php/385-4541e143
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad